キャラクターの描き方を学ぶ

キャラクターを描く需要

一般に「キャラクター」とは、アニメや漫画などで使われるイラストのことを指します。今から解説するさまざまな技法で、上手にキャラクターを描くことを目指しましょう。

 

なぜキャラクターなのかといいますと、まずキャラクターを描く人が現在、とても増えています。
最近はpixivという投稿型サイト(絵を投稿したり閲覧したりできるウェブサイト)や同人誌即売会(アニメや漫画の愛好家が趣味で描いた漫画などを発表するフリーマーケット)などの影響で、キャラクターの絵を描く需要が高まっています。

 

もっとも有名な同人誌即売会は、毎年盆と正月に行われる「コミックマーケット」で、1度の開催で約50万人の来客があるそうです。50万というと、相当な人数です。
キャラクターを描いて練習しているうち、同人即売会で発表したりすると、友達ができて楽しくなるでしょう。

 

ニコニコ動画などの動画サイトでも、キャラクターを描画して動画を作る需要がたくさんあるため、絵がうまくなればキャラクターの含んだ動画を投稿して楽しむこともできます。

 

 

難易度が低い

また難易度からしても、キャラクターを描くというのは手をつけやすい分野でもあります。

 

本当の美術家が描くような超リアルな描画は、ふつうは非常に難易度が高いものです。非常に細かいところまで描き込まなければなりませんし、忍耐力も必要です。
これに比べてキャラクターの絵は、リアルな描写に比べると非常に簡略化されており、短時間で描けます。もちろん慣れていない人は長時間かけてもいいし、慣れていても気の済むまで描きこみたいこともあるでしょう。それでもいいのです。仕事でやっているわけではないのだから。

 

 

リアル人体は描けないのか?

もちろんキャラクターだけでなく、これから解説する方法でリアルな人体を描くことも可能です。
ただしそのときは、頭の中だけで想像して描くのではなく、実際に人間のモデルを見ながら描くか、せめて写真を見ながら描くようにしてください。
残念ながらここで述べる知識は、役には立ちますがリアルな人体を描画するためのすべての技術を述べることはできません。
またそういった本格的な技術は、知識だけでなく、実際に描画訓練をしながら身につけていくものです。ここで知識を学んだだけで突然うまく描けるようになるとは思わないでください。

 

 

練習する

 

このような技術は、頭で学んだだけですぐうまくはなりません。必ずある程度の時間が必要になります。ここにある知識を学んだだけで、すぐにうまく描けるようにはなりません。
ただしうまくなる速度にはばらつきがあります。ここにある知識は「できるだけ速くうまくなる」ことを目標にしたものです。

 

ここにある知識を学び、練習してください。ただし漫然と数をこなすことを、ここでは推奨していません。学習方法については後述しますが、効率のよい練習方法というのがあります。
何も考えずにひたすら数をこなすだけでは、効率が悪いのです。絵を描くというのは時間のかかる作業ですので、少しでも効率よく上達する方法を探してください。

関連ページ

絵を描くための「技術」を学ぶ
絵が上手くなるためには特殊な才能が必要だと思われがちですが、教育・学習しだいで誰でもある程度まで上手くなれます。ここではそういった技術を「誰でも身につけられる」ことを目標にします。
なぜ芸術の「技術」は普及しにくいのか
科学の論文は、誰でも同じことをやれば同じ結果が出せることが期待されます。それと同じように、誰がそれをやっても同じくらいのクオリティが出せるような美術手法を目指していきます。
このサイトの目的
このサイトでは何も見ずに正確に人体を描くことを目的とします。何かを見ながら正確に写す「模写」とはまったく目的が異なり、必要とされるスキルも全然違います。
要求されるスキル
この講座では何も見ずに人物が描けるようになること、つまり創作を目的としています。創作に必要な能力は、模写の能力とは少し異なります。
正しい線を追求する
この講座で最初に目指すべきことは、正しい輪郭線を描くことです。ただし紙の上に正確に輪郭線を描くためには、立体的に物体の構造を把握できたほうがいいでしょう。
理論で線を描画する
デッサンの腕を上げるために、大量にポーズ集を暗記する方法がありますが、時間がかかるので、数値で計算する方法をやっていきます。必ず必要な手法ではありませんが、知っていると便利です。
正確な線は1本しかない
輪郭線は現実に存在しない架空の線ですが、理屈上は、正しい輪郭線は1本しかありません。時間の短縮も目的にあり、可能であれば最初から正確な線を1本だけ描けるようになってください。
正確さの精度
正確に描くためには、その目的に合った手法を選ぶ必要があります。正確さと速度は反比例する傾向があるため、自分の目的に応じて技術の使い方を調整してください。
勘に頼らずに描く方法
人物画の模写や創作をするためには、さまざまな理論や知識があったほうが有利になります。直感以外の部分に多く頼るようにすれば、生まれつきの才能やカンがなくてもうまく描けるようになります。
サンプリング法と数値計測法
サンプリング法と数値計測法とは、私が勝手に名づけた美術の手法です。それぞれ長所や欠点がありますので、目的に応じて参考にしてください。
サンプリング法
実際に何かを見ながら描く方法を、私は「サンプリング法」と呼んでいます。
数値計測法
このサイトで主に扱っている方法で、定規を使ったり、スキルと根性があれば3DCGなどを使い、人体統計などを参考にし、計算して描いていく方法です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会