脂肪

脂肪

骨の表面についているのは筋肉だけではありません。脂肪も付いています。ちょうど筋肉の隙間を生めるように脂肪がついています。

 

筋肉は決まった形がありますが、脂肪は決まった形はありません。筋肉の隙間を埋めているだけ、と考えるとわかりやすいです。脂肪には形がないので、何かを覚える必要はありません。

 

筋肉だけ描いてしまうと、ゴツゴツの輪郭線になってしまいます。脂肪がたくさんあれば、表面の輪郭線は滑らかな曲線になっていきます。

 

筋肉と脂肪の割合は、性別や年齢で変わってきます。個人差もかなりあります。
筋肉の量が多いと表面の輪郭線はゴツゴツとしており、脂肪の割合が多いと滑らかな曲線になります。
脂肪の量があまりに多いと、肉がたるんで重力で下に落ちたりします。

関連ページ

美術解剖学の必要性
BOXでは大まかな外郭を作ってきましたが、各部のそれぞれの詳細な形状についてはあまり詳しく触れていませんでした。この章では詳細な形状を学ぶため、美術解剖学をやっていきます。
絵を描くため、関節などの骨についての構造を学ぶほか、表面に出てくる骨の形状も覚えておくと便利です。
筋肉
人間の体表の多くは、筋肉と脂肪に覆われています。筋肉の形状や役割を知っておくと、体表の形状を間違いなく描くために役立ちます。
関節による動きについて
関節の回転方向には3方向あります。前後屈と側屈時の筋肉の動きと、回旋時の筋肉の動きは異なりますので、これらの違いを把握しておく必要があります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会