2章のまとめ

2章のまとめ

塾や予備校に行っても自力で勉強する力は身に付きません。半ば無理やりさせられているだけです。
何の強制力もない自由時間に勉強する習慣を身に着けることは、将来とても役に立ちます。

 

誰かに無理やりさせられるより、自力で目標を設定してやり遂げるほうが、ストレスが少なく、無駄がありません。達成感が大きいので、満足できます。

 

もし一夜漬けをやったら、後で何度か復習を必ずしてください。
一夜漬けの内容は急速に忘れられていきます。もったいないです。

 

最終目標は受験あるいは資格試験などの最終試験です。明日のテストでいい点数を取ることはあまり重要ではありません。

 

高校・大学受験が終わっても、永久に試験しなくてもよくなるわけではありません。
資格試験や、人によっては公務員試験、教員採用試験、司法試験など、色々な試験があります。
勉強する習慣や方法を身に着けておくと、その時にも役に立ちます。

 

勉強を怠ける癖が残っていても、どこかの高校や大学には入れます。
でもそういう問題はその後も残っていて、ずっと後の試験でまた同じことで苦労することがあります。

 

高校や大学受験では、成績がよかろうが悪かろうがどこかには入れます。しかし再チャレンジは基本的にはできません。

 

資格試験は、成績が悪ければ「不合格」で終わりです。でも多くの場合は何度も再チャレンジできます。

 

その時点での学力で進学先が決まってしまうのが高校・大学受験で、受かるまでやらなければならないのが資格試験です。

 

社会人は、今の仕事に必要な資格を取りに来ます。
資格の必要性が分かっており、仕事に直結するのが分かっているので、多くの人が必死になります。

 

高校や大学受験は、勉強内容と将来の必要性が結びつかないことも多く、内容的にやる気が出にくいのです。
さらに社会に出て働いたことのない学生には、勉強すると具体的にどう得なのか、勉強しないとどう痛い目に合うかというのがまだわかりません。
だからやる気が出にくいのです。
これは学生が悪いのではなく、やる気の出ない仕組みになっているのが問題です。
しかし仕組みが悪いからといって、やらないわけにはいきません。

 

学生でも、社会人の大人たちからたくさん情報を仕入れることで、社会の仕組みを知ることができます。
可能であれば、周りの大人たちに「なぜ勉強が必要か」「勉強しないとどうなるか」など聞いてみましょう。
親や先生だけでなく、インターネットで情報を探すこともできます。

 

社会の情報は、できるだけ先回りしてたくさん仕入れておいたほうが、後でダメージが少なく済みます。
事前に対策が打てるからです。
そしてそのような対策は、早め早めに打っておいたほうが効果的なのです。

 

勉強計画は、時間を使ってもいいのでしっかり立てておきましょう。
計画する時間がもったいないから、その時間に少しでも勉強する、というのはよくありません。
計画をしっかり立てれば立てるほど、勉強は長続きします。
計画を立てないと、その瞬間は勉強するかもしれませんが、次の日にはサボるかもしれません。

 

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

長期的視野で考える
塾に行けば強制的に勉強させられますが、自分で時間を調整して勉強時間を作り、勉強する能力は身に付きません。しかしこれこそ最も重要な能力です。
自力で勉強することの利点
自分で勉強する時間を取って勉強することができると、非常にストレスが少ないです。また自制心が身に付き、無駄なく勉強することができます。
最終目標は受験
あなたの最終目標は最後の受験や資格試験です。目先の小テストや中間試験の点数は、進級や卒業などに差支えなければ、はっきりいってどうでもいいです。割り切りましょう。
社会人の勉強の必要性
大学受験が終わってもその後試験を受ける機会はたくさんあります。早いうちに勉強する習慣を身に着けておいたほうが後々有利です。
資格試験と受験勉強の違い
資格試験は落ちたら何も得られませんが、何度でも再チャレンジできます。受験は再チャレンジできませんが、実質落ちるということはありません。
社会人は体感的に必要性を習得している
学生の間は勉強とか学歴がどのように将来得になるか、損になるかがわかりません。それがやる気を出せない理由の一つでもあります。
計画に大量の時間を使ってもよい
勉強する前には必ず計画を立ててから始めましょう。計画を立てないとどんな結果が出るか予想できないからです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会