自力で勉強することの利点

自力で勉強することの利点がいくつかあります。効率の点でも悪くない方法です。
先のページで説明したように、まず自制心が身に着くことです。自分で自分をコントロールすることは、生きている限り常に必要になります。

 

 

うまくいくとストレスが小さい

これは心理学でよくいわれることなのですが、他人にコントロールされる人生というのは、大変にストレスが溜まります。
自分の身を自分でコントロールできている、ということ自体、精神的に楽なのです。

 

もちろん、塾にも行かずに放置され、勉強しなければならないと思っているのにいつもやらずに終わる、というようでは、慢性的に敗北感を感じ続け、それがストレスになってしまいます。
自分で決めたことを実行できないと、自分はだめな人間だという感覚に襲われ、ストレスとなります。

 

が、自分で決めたことを自分でしっかり実行できた時には、自分にとても自信がつきます。
塾で無理やり勉強させられるより、自分で決めた目標通りに勉強するほうが、実はストレスが少ないのです。

 

 

無駄がない

塾に行くと、あらかじめ決められたことをやらされます。
でも実は、自分が何をすればもっとも効率がいいか、知っているのは自分だけです。

 

基本的には勉強というのは、すでに分かっていることや記憶していくことを何度も繰り返してもあまり意味がありません。
わからないことやまだ覚えていないこと、理解していないことをやってこそ、学力は上がります。

 

自分がどこを理解していないのか、知っているのはもちろん自分だけです。
だから自分で勉強すべき内容をコントロールできるのが、一番効率がいいのです。

 

ところが塾に行くと、すでに理解していることを何度もやらされることがあります。
生徒に、最も効率のいい課題を個別に出してくれるならいいのですが、そういう塾はあまりありません。

 

自分で自分の理解力、進度状況を把握していれば、ピンポイントで最も効率の良い内容を選ぶことで、勉強時間が少なくて効率のいいものになります。

 

逆に言うと、勉強の効率を上げるためには、自分で自分の理解度をしっかり把握し、無駄をなくすこと必要です。

 

もっともよくないのは、学校での課題がすべて終わらないうちに塾の課題をし、どちらも中途半端なまま復習もせずに放置している状態です。
問題集をやったら、ちゃんと答え合わせをして、間違った場所を復習しないと学力が上がりません。
問題集やテストは、やりっぱなしでは何も新しく頭に入っていません。

 

もしこういう状態であれば、どちらか一つに絞って最後まで問題なりテストなりをやり遂げたほうがいいでしょう。
あるいは学校の課題がすべて終わらないのなら、塾でその課題の続きをやれればいいのですが、そうはいかないことがほとんどでしょう。

関連ページ

2章のまとめ
勉強する必要性を知ったうえで、自分で計画を立てて、自分だけの力で勉強を続けられるように努力しましょう。
長期的視野で考える
塾に行けば強制的に勉強させられますが、自分で時間を調整して勉強時間を作り、勉強する能力は身に付きません。しかしこれこそ最も重要な能力です。
最終目標は受験
あなたの最終目標は最後の受験や資格試験です。目先の小テストや中間試験の点数は、進級や卒業などに差支えなければ、はっきりいってどうでもいいです。割り切りましょう。
社会人の勉強の必要性
大学受験が終わってもその後試験を受ける機会はたくさんあります。早いうちに勉強する習慣を身に着けておいたほうが後々有利です。
資格試験と受験勉強の違い
資格試験は落ちたら何も得られませんが、何度でも再チャレンジできます。受験は再チャレンジできませんが、実質落ちるということはありません。
社会人は体感的に必要性を習得している
学生の間は勉強とか学歴がどのように将来得になるか、損になるかがわかりません。それがやる気を出せない理由の一つでもあります。
計画に大量の時間を使ってもよい
勉強する前には必ず計画を立ててから始めましょう。計画を立てないとどんな結果が出るか予想できないからです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会