1か月根性で耐えてみろ?「無理」

どんな苦痛でも1か月耐えることができるか?

よく習慣を身に着けるための本で、つらいことでも1か月我慢すればあとは苦痛でなくなるという説があります。

 

これは確かにその通りでしょう。
1か月くらい同じ生活を繰り返していると、体も心も慣れてきて、確かに苦痛は減ってきます。

 

その1か月に耐えられれば、の話ですが。
ではどんなに苦痛なことでも、やる気と気合いだけで乗り越えられるでしょうか?

 

たとえば夏休みに、毎日勉強を18時間やるとしましょう。できそうですか?

 

たった1か月じゃないか?
人によっては3週間でも十分だという人もいます。
たった20日!

 

耐えられませんか?

 

これにさえ耐えれば、今までの「負け続ける人生」から脱出できるのに!

 

勉強するって、ほかのいろいろな苦痛に比べれば、それほど大したことのないように見えます。
そりゃ確かに、たとえば棒で叩かれる拷問に1か月耐えろと言われたら、どうやったって無茶な話です。
でもここでの課題は勉強です。
勉強って学校でずっとやってるじゃないですか。それを家でもやるだけのこと・・・

 

1か月くらい、気合だけでも乗り切れるだろう?

 

しかし結論からいうと、ほとんどの人が耐えられません。

 

 

勉強の苦痛に耐えるには1か月は長すぎる

私は予備校時代に、予備校の合宿というのを経験しています。
真夏ですが、山奥の合宿所に缶詰め状態にされ、ひたすら勉強しまくります。
だいたい1日10時間くらい勉強します(朝3時間、昼4時間、夜3時間)

 

これはたったの2泊3日だったのですが、合宿の最終日、私は疲れ果てていて声も出ないくらいでした。本当に疲労しきっていました。
それは合宿に来たほかの生徒たちも同じでした。

 

実際のところ、たった3日でさえこれほど長く感じるものです。
1か月といえば、これを連続10回繰り返し・・・

 

これを家でやれといわれたら、恐ろしく難しいことに思えます。
家では合宿と違い、強制力のない状態。勉強しなくても誰も文句は言わない、だからこそ余計に難しい。
この状態で自制し、1か月の間、1日10時間くらい勉強。

 

頭の中ではなんとなくできそうな気がします。
これからの長い人生が変わるのだと思えば。
今の一瞬に耐えさえすれば。

 

わかっているのに、ほとんどの人が挫折するのです。

 

 

明日の感情は約束できない

「人間、明日の行動は約束できるが、明日の感情は約束できない」

 

という、有名なニーチェの言葉があります。

 

私たちは、行動は約束できます。明日遊びに行くからここで待ち合わせしようとか、明日の取引はこの銀行でとか、約束はいつも行動でなされます。

 

ところが感情というのは、明日どんなふうになっているかはわかりません。
「明日のこの時間は楽しい気分でいよう!」といったところで、その通りになるでしょうか?

 

明日はもしかすると授業で先生に当てられ、答えを間違って大恥をかくかもしれません。
明日はもしかすると仕事でミスして上司にひどく怒られるかもしれません。

 

明日楽しい気分でいようと思っていても、どうなるかはわからないのです。

 

もし今何か勉強本を読んだり、友達を励まし合ったりして非常にハイテンションで、「勉強できる!1日18時間でも自分ならできる!」と思い込むかもしれません。

 

でもその「気分」は、あまり続かないのです。どんなハイテンションでも、1時間続けばいいほうでしょう。
残り17時間はそのハイテンションなしで勉強を続けばければなりません。

 

テンション任せに勉強を始めても、あっという間に元に戻ってしまうのはこういう理由です。

 

もう少しいうと、気分というのは血液中の成分によって変化します。アドレナリンとかそういう物質です。
勉強してじっとしているとそのうち興奮物質も出なくなるので、気分は平静に戻ります。

 

したがって勉強を継続するのに必要なことは

 

気分が上がっていようが落ち込んでいようが勉強できるようになる

 

ことです。

関連ページ

第4章のまとめ
勉強する習慣を身に着けることは学力を上げるための最も重要なことといっても過言ではありません。この章ではどうやって勉強の習慣を身に着けるのかを考えていきます。
習慣を変える
その人の習慣は人生に絶大な影響を及ぼします。習慣が人生の質を決めるといってもいいでしょう。
気合・根性という要素は必要か?
習慣を身に着けるには忍耐力が必要ですが、忍耐だけではうまく身に付きません。正しいやり方があるので、それを知り、身につけましょう。
一瞬の感動は無意味
カリスマ講師の講演や勉強本を読んでも、感動するだけでは何も変わりません。あなたに必要なのは、感動ではなく行動です。
頭のいい人の言うことを聞けばうまくいくか?
最初から頭のいい人の勉強法を教わっても意味がありません。成績の悪い人がこれをやったら成績が上がった、という人のアドバイスを聞くべきです。
耐えられない理由
無理をすると心理的な負担(ストレス)がたまり、発散の欲望が出てきて失敗します。ストレスがなるべくたまらないよう、毎日少しずつ変化させていきましょう。
反動が起きないようにするには?
ストレス自体があまりたまらないよう、ストレスを解消でき、なおかつ目標を達成できるような代替案(代わりの方法)考えておくと、より確実に目標を達成できるようになります。
習慣は環境に左右される
私たちの習慣は周囲の影響を強く受けています。しかし周囲の責任にしても何も変わりません。他人のせいにせず、今ここで自分に何ができるか考えましょう。
変化するタイミング
勉強の習慣の変化はうまくいくときは苦労せずにすぐできるようになることが多いです。うまくいかないときは苦労した割にまったく効果が出ません。
何でも試す意欲
習慣を変えるために「技法」にこだわりすぎないように気を付けてください。要点を押さえて自分なりに使いやすいように使ってください。
変化を維持する
習慣を身に着けたときにその時のやり方を忘れないようにしてください。忘れてもまたそれをすればできるようになります。
習慣を変えるのは大人でも難しい
年齢にかかわらず習慣を変えるのは難しいものです。また若いうちは自制するのが少し難しいのですが、大人とそんなに違うものではありません。
自分の経験が最も重要である
心理学の法則よりも自分の経験によるカンやアイデア、のほうが役に立ちます。法則にとらわれてずっとその通りにする必要はありません。
最初は抵抗の少ない方法を使う
心理的に抵抗の強いやり方は後回しにしましょう。まずは抵抗の少ない確実にできると思われるものから始めてください。
技法は日常生活に溶け込んでいる
失敗したら多くの時間を無駄にするようなやり方は使わないようにしましょう。習慣はできるだけ日常生活に溶け込ませるのがコツです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会