一瞬の感動は無意味

セミナーでの感動の効果

ビジネスセミナーや予備校講師の講演などがあり、大変感動する話を聞かされることがあります。
学生時代にこんなに勉強したのだとか、仕事でこれほど苦労してやっと上り詰めたとか。

 

「勉強するのは、今しかないんだよ!」

 

などといわれ、その時は深く感動し、さあ自分も勉強するぞと家に帰ったところ、気が付いたら遊んでいる自分がいる。

 

そのような感動は1週間も続きません。
いや、1週間続けば奇跡レベルです。せいぜい2,3日。

 

それどころか、ほとんどの人の「感動効果」は数時間程度で忘れられます。

 

話の内容は覚えていて、そこですばらしく感動した、ということも覚えているのですが、そのときに講師からもらった「やる気」は、早ければセミナーが終わって1時間程度で消え失せてしまいます。

 

まったく意味がありません。

 

映画館に入り、感動する映画を見て、涙を流した。
それで外へ出て友達とその内容について話したりしますが、しかし数時間程度で元に戻ります。
感動した、ということは覚えていますが、感動そのものは数時間も続きません。

 

映画はそれでいいのです。別に日々の生活を変えるために見ているわけではないので。

 

でもセミナーというのは、感動するのが目的ではありません。
自分の生活態度を改めるのが目的です。
映画のように「あーよかった」で終わらせていたのでは、むしろ時間の無駄です。その時間に勉強したほうがまだよかったのに。

 

人気講師のお話を聞いても、自分の成績が上がらなければ意味がありません。

 

もし本当にそのセミナーの講師が優秀であるというなら、やる気を起こさせるだけでなく、具体的に何をすればよいのか、いますぐ家に帰ってから何をしたらいいのか、ということまで説明されているはずです。

 

それは別に感動させるようなものでなくてもいいのです。
本当に勉強の必要性を教え、行動させればよいのです。感動させなくても人を動かす方法はいくらでもあります。

 

もし私が講師だったら、勉強しないとどれだけ損をするか、勉強しないと社会で痛い目に合うかを実例を挙げて話し、そして生徒たちが家に帰ってから何をすればいいか、まで話します。
そして学校や予備校の先生と連携し「生徒一人一人がその課題を本当にやったかどうか」までチェックさせます。
もしできていなければ、できるためにどうすればいいかその場でアドバイスします。
それくらいしないとセミナーをした意味がありません。

 

本当にやる気を引き起こし、習慣を身に着けるまでのステップを知っている人はとても少ないです。
しかも習慣を変えるというのはとても難しいことです。それを1回のセミナーで多くの人にさせられるかというと・・・
そう考えると、セミナーの講師というのはとても難しいと思います。

 

 

感動しても習慣は変わらない

このように、習慣というものは感動しても何も変わりません。
中にはこのようなお話で習慣を変えられる人もいますが、ごく少数です。
もっと多くの人が習慣を変えられるようなやり方が必要です。

 

よく受験をテーマに扱った漫画やドラマがあります。
「実は東大に行くことは簡単なんだ」などというセリフがあったりしますが・・・

 

それはあくまで漫画の作り話です。真に受けないでください。
東大に入ることが簡単なはずがありません。
現実がドラマや漫画のように進むと思ってはいけません。

 

ああいうセリフを言わせると、ストーリーが面白くなるから言っているのです。

 

 

カリスマ講師のセミナーが有効になる場合

ただしこうしたカリスマ講師のセミナーでも、後で説明する「絶望・無力」という問題を抱えている人にとっては、その問題解決に効果的な場合があります。
「自分はできない」という思い込みがあって行動する気が起きない、という場合があります。
この問題がある場合、とにかくまずは「その気」になれなければ行動を起こせません。

 

カリスマ講師のセミナーでも何でもいいので、とにかく気分が盛り上がって「できる気」になれば、とりあえずこの問題は乗り切れる可能性が高くなります。
セミナーを聞いても何をやればいいのかわからずにつまづいてしまう人が多いのですが、とりあえず「瞬間的にでもやる気を出す」ためには、有効に働く場合があります。

関連ページ

第4章のまとめ
勉強する習慣を身に着けることは学力を上げるための最も重要なことといっても過言ではありません。この章ではどうやって勉強の習慣を身に着けるのかを考えていきます。
習慣を変える
その人の習慣は人生に絶大な影響を及ぼします。習慣が人生の質を決めるといってもいいでしょう。
1か月根性で耐えてみろ?「無理」
しんどい習慣でも1か月程度継続すると慣れてきて苦痛でなくなるといいます。1か月耐え、習慣として身に着けるためにはどうすればいいでしょうか?
気合・根性という要素は必要か?
習慣を身に着けるには忍耐力が必要ですが、忍耐だけではうまく身に付きません。正しいやり方があるので、それを知り、身につけましょう。
頭のいい人の言うことを聞けばうまくいくか?
最初から頭のいい人の勉強法を教わっても意味がありません。成績の悪い人がこれをやったら成績が上がった、という人のアドバイスを聞くべきです。
耐えられない理由
無理をすると心理的な負担(ストレス)がたまり、発散の欲望が出てきて失敗します。ストレスがなるべくたまらないよう、毎日少しずつ変化させていきましょう。
反動が起きないようにするには?
ストレス自体があまりたまらないよう、ストレスを解消でき、なおかつ目標を達成できるような代替案(代わりの方法)考えておくと、より確実に目標を達成できるようになります。
習慣は環境に左右される
私たちの習慣は周囲の影響を強く受けています。しかし周囲の責任にしても何も変わりません。他人のせいにせず、今ここで自分に何ができるか考えましょう。
変化するタイミング
勉強の習慣の変化はうまくいくときは苦労せずにすぐできるようになることが多いです。うまくいかないときは苦労した割にまったく効果が出ません。
何でも試す意欲
習慣を変えるために「技法」にこだわりすぎないように気を付けてください。要点を押さえて自分なりに使いやすいように使ってください。
変化を維持する
習慣を身に着けたときにその時のやり方を忘れないようにしてください。忘れてもまたそれをすればできるようになります。
習慣を変えるのは大人でも難しい
年齢にかかわらず習慣を変えるのは難しいものです。また若いうちは自制するのが少し難しいのですが、大人とそんなに違うものではありません。
自分の経験が最も重要である
心理学の法則よりも自分の経験によるカンやアイデア、のほうが役に立ちます。法則にとらわれてずっとその通りにする必要はありません。
最初は抵抗の少ない方法を使う
心理的に抵抗の強いやり方は後回しにしましょう。まずは抵抗の少ない確実にできると思われるものから始めてください。
技法は日常生活に溶け込んでいる
失敗したら多くの時間を無駄にするようなやり方は使わないようにしましょう。習慣はできるだけ日常生活に溶け込ませるのがコツです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会