絶望・無力への対処

できないという思い込みがあるとやる気が出ない

絶望、無力というのは、簡単にいうと「自分にできるはずがない」と思い込んでいる状況です。
そして人間、できないと思い込んでいるとパフォーマンスが低下します。

 

できないと思っているのにやっているというのは、まずそれ自体が苦痛なことです。やる気が出ません。
そういった思い込みや精神状態は、記憶力や解答の思い付きなどにも影響します。

 

最近の研究では、人によっては筋力や視力でさえ、何らかの思い込みや精神状態によって変化する例さえあります。
普通の人では思い込みによって視力が変化するなどはありえないでしょうが、思い込みが「やる気」に影響することは、普段の生活からも想像がつくでしょう。

 

少なくとも、できないと思い込んでいるよりは、できると思い込んでいたほうが勉強できる可能性が高いです。
この手の思い込みがある場合は、まずそれをなんとかしないと始まりません。

 

 

絶望

通常でいう絶望というのは広い意味がありますが、心理学的には「誰もやったことがない」という思い込みがある場合に、この状態になると考えられています。

 

「周りの人ができないのだから、当然自分にもできない」という性質のものです。

 

たとえば「自分の高校からは誰も○○大学に受かったことがない。自分もできないだろう」というような場合です。

 

この種類の思い込みは、周辺の状況によってつくられます。
特に自分の所属する集団、家庭とか学校とか職場とか、周囲の人たちが誰一人成功していないような状況では、このような心境に陥りがちです。

 

しかしこういうことは、あくまで自分の所属している環境でのことです。ほかの環境にいる人たちにとっては当てはまりません。
先の例ですと、確かに自分の所属する高校からは誰もその大学には行っていないのですが、ほかの高校からはたくさんの生徒がその大学へ進学しているかもしれません。
それならそちらの高校の勉強のしかたなどを自分に取り入れていけばいいのです。何も頭から行けないと決めつけることはありません。

 

誰かがそれをしたことがあるなら、自分にもできる可能性があります。

 

このような方法は心理学で「モデリング」と呼ばれます。他人のやり方をモデルにし、その手法を自分に取り入れるというものです。
これは単なる「なりきり」によってやる気が出るという効果も見込めるのですが、参考にした人の勉強の仕方などを分析することで、具体的な内容についても盗むことができます。

 

特に専門的な言葉を使わなくても、要するにできる人のやり方を参考にするというだけの話です。
この場合、勉強のできる人に勉強のやり方を聞いてみたり、どんな問題集をしているかとか、息抜きはどのようにしているかとか、たくさん情報を集めるほど自分の役に立つことでしょう。

 

 

無力

無力というのもできないという思い込みですが、これは心理学的には、自分が周囲よりも劣ると思い込んでいる場合になると考えられています。

 

「あの人たちにはできるのだが、自分にはできないのだ」という性質のものです。

 

仮に自分の所属している学校が優秀で、自分のクラスからたくさんいい大学に進学していたとしても、自分が周囲よりも成績が悪ければ、「周りの人はできても自分にはできないだろう」と思い込むかもしれません。

 

この場合、できる人のやり方を自分い取り入れても、「それはできるはずがない」という思い込みによってうまく取り入れられないかもしれません。
先ほどの「絶望」とは異なる方法が必要かもしれません。

 

 

「気分」を変える

ここでいう気分というのは、気分転換に遊んだりすることではありません。

 

自身の過去を思い出してほしいのですが、何かすごく楽しいことをしているときや、好きなことに夢中になっているとき、仲のいい友人たちと騒いでいるときなど、ものすごくテンションが上がって「今の自分には何でもできる!」という気分になることがあります。

 

こういうときには「できない」という思い込みがなくなるため、思い込みによるやる気のなさや、パフォーマンスの低下を防ぐことができます。

 

誰でも一度はこういうハイテンションな状態を経験したことがあるのではないでしょうか?
この状態をちょっと頭の中で想像してみるとか、あるいは「とにかくゲームをしたらそういう気分になる」とかいうのであれば、勉強する前にちょっとゲームをやるのも一つの手です。

 

準備運動のように、勉強する前に少しだけ気分がよくなるようなことをするといいでしょう。

 

ただ、気分が晴れればすべて思い込みの問題が治る、というわけではありません。

 

気分と思い込みは、似ているようで性質の異なるものです。
気分というのは単なるテンション、やる気とかそういうものですが、思い込みというのは自分の今までの人生経験で積み重ねられた判断も兼ねています。

 

ハイテンションになればこの問題がすべて解決されるわけではありません。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

6章のまとめ
勉強する価値を知ることはやる気を起こさせるうえで最も重要です。また自分は勉強できないという思い込みがあれば、小さな目標を立てて確実にこなすことで自信がつきます。
無価値への対処
試験勉強のような苦痛なことをしている場合、その結果どう得するのかはっきりしていなければやる気が出ません。まずそれを知りましょう。
無価値への対処:価値観は根深い問題
勉強する価値がないと思っていると勉強しないために能力自体も上がりません。まず勉強する本当の必要性を調べましょう。
絶望・無力への対処:本当にできないのかできないと思い込んでいるのか
絶望・無力感をなくすいい方法の一つは、確実に達成可能な目標を作って確実に達成することです。
絶望・無力への対処:自分の能力に従ってできるできないの思い込みができあがる
本当はそこそこ成績がいいのに優秀な人と比べて自分が頭が悪いと思い込むことがあります。いろんな人と比べてみて冷静に自分の程度を知るのも思い込みをなくす一つの手です。
絶望・無力への対処:「私はだめな人間だ」という認識がある場合
自分は「だめな人間だ」という思い込みがあると、まるですべての能力が低いように聞こえます。どこがだめなのかはっきりさせると、すべてがだめなわけではないことに気づくでしょう。
再刷り込み(再インプリンティング)で過去の傷を修復する
どんな学習でも最初の体験は印象が強く、その後の思い込みに強く影響を与えます。過去の体験を記憶の中で修正してやる気を引き起こすやり方があります。
行動レベルに関する問題
無価値、無力、絶望の問題というのは比較的少ない問題と思われます。単純に勉強がしんどいとか遊びたいだけとか、そういう理由のほうが多いでしょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会