絶望・無力への対処:本当にできないのかできないと思い込んでいるのか

高すぎる目標は無意味

絶望と無力が頭脳的なパフォーマンスを低下させることについて述べましたが、できないという思い込みが常に悪いというわけではありません。
客観的に見て明らかに不可能である場合は、単なる適切な判断、というにすぎません。
たとえば100メートルを5秒で走れるようになるとか、普通に考えてまずありえないようなことを願うのは、時間の無駄といえるでしょう。

 

現実的に到底できそうにもないことを望むと、目標も同じく到底達成不可能なものになってしまい、やってみてうまくいきません。
やってみてうまくいかないと、次は以前よりももっと強い絶望感、無力感がやってきます。
そして計画に失敗し続けると、慢性的に絶望感、無力感が蓄積し、まったくやる気が出てこなくなってしまいます。

 

全く非現実的な目標を立てるわけにはいきません。

 

 

できるのにできないと思い込む場合

それでも私たちはよく、本当はできるのにできないと思い込む、ということをします。
成績などもその一種で、自分はどんなに頑張ってもこの点数はとれないとか、進学はできないとか、そういう思い込みです。

 

その加減は判断が難しいところです。
全国の模擬試験で偏差値30程度の高校生でも、これからとてつもなく努力したら東大や京大に行けるかもしれません。

 

 

小さな目標を立てて確実に達成する

思い込みというのは、私たちが今までの人生で積み重ねてきた判断にもとづいて作られます。
いい成績が取れないという思い込みは、今までずっといい成績を取ったことがないのが原因である場合が多いです。
あるいは周囲から「お前は頭の悪い子だ」といわれ続けていると、成績が結構いいのに「自分は頭が悪いから」と思い込んだりするものです。

 

こういった「できない」経験をずっと積み重ねていると、なかなか「これからはできる!」ということが信じにくくなります。
できないという思い込みをなくすための一番いい方法は、今からいい結果を出し続けることです。

 

今日すぐ、明日にでも「今までできていなかったけど、○時間勉強をした」という結果をしっかり出しましょう。
過去に悪い経験を積み重ねていても、今それができたなら、それによって自分の過去の思い込みは上書きされていきます。

 

そして良好な結果を出すためには、あまり無茶な計画や目標を立ててはいけません。
少しずつできるようになっていけばいいので、まずは今すぐ簡単に達成できそうな目標を立てて、それを確実にこなしましょう。

 

たとえハイテンションな気分になって、何でもできそうだと思っても、目標や計画は冷静に立てなければなりません。
今まで少しも勉強する習慣がなかった人なら、まずは1日10分〜20分、どんなに長くても30分程度、勉強することを目標にしましょう。

 

言い換えると、無力感をなくすためのもっともいい方法の一つは、目標を下げることです。

 

 

心理学では極端な例を出す人がいる

心理学、あるいは市販の自己啓発の類の本では、極端な成功例を上げてあたかも自分も成功できるような錯覚に陥らせるものがあります。

 

たとえば私が見たものでは、英語の勉強のプロジェクトで、数時間で英単語を2000語も覚えたというものがあります。
しかしこれは非常に手の込んだ、人もお金もかかった学習システムを使っており、ふつうの人や学校や塾で真似できるものではありません。

 

さらに2000語覚えたというのは、その授業を受けた人の中で最高の数値であり、平均ではありません。

 

ほかにも数か月の勉強で司法試験に受かったとか、成績ビリだった人が半年勉強して東大に受かったとか、そんな奇跡のような話が転がっていたりします。
これらはそのやり方で、成功した人の中でもごく一握りの大成功例を出しただけの話で、自分にも同じように適用できると思うと全然うまくいかなかったりします。

 

たとえるなら、宝くじに大当たりした人に「この店で買えば絶対当たるよ!」といわれて、その店で宝くじを買いに行くようなものです。
うまくいくはずがありません。

 

こういったお話は、聞いてやる気が出て「自分にもできる!」という気分になるのはいいのですが、本当にそれと同じことができると思って、途方もない目標を定めてしまうかもしれません。

 

気分を盛り上げても、目標や計画は現実的でなければなりません。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

6章のまとめ
勉強する価値を知ることはやる気を起こさせるうえで最も重要です。また自分は勉強できないという思い込みがあれば、小さな目標を立てて確実にこなすことで自信がつきます。
無価値への対処
試験勉強のような苦痛なことをしている場合、その結果どう得するのかはっきりしていなければやる気が出ません。まずそれを知りましょう。
無価値への対処:価値観は根深い問題
勉強する価値がないと思っていると勉強しないために能力自体も上がりません。まず勉強する本当の必要性を調べましょう。
絶望・無力への対処
勉強ができそうにもないという思い込みはやる気を失わせます。この問題は多くは生理的状態や気分に影響されているものです。
絶望・無力への対処:自分の能力に従ってできるできないの思い込みができあがる
本当はそこそこ成績がいいのに優秀な人と比べて自分が頭が悪いと思い込むことがあります。いろんな人と比べてみて冷静に自分の程度を知るのも思い込みをなくす一つの手です。
絶望・無力への対処:「私はだめな人間だ」という認識がある場合
自分は「だめな人間だ」という思い込みがあると、まるですべての能力が低いように聞こえます。どこがだめなのかはっきりさせると、すべてがだめなわけではないことに気づくでしょう。
再刷り込み(再インプリンティング)で過去の傷を修復する
どんな学習でも最初の体験は印象が強く、その後の思い込みに強く影響を与えます。過去の体験を記憶の中で修正してやる気を引き起こすやり方があります。
行動レベルに関する問題
無価値、無力、絶望の問題というのは比較的少ない問題と思われます。単純に勉強がしんどいとか遊びたいだけとか、そういう理由のほうが多いでしょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会