絶望・無力への対処:「私はだめな人間だ」という認識がある場合

自分はダメな人間だ?

「私はだめな人間だ」というのは、「私は勉強ができない人間だ」というのとはまた異なる認識です。

 

「だめな人間」といういい方は、勉強以外でも能力が低いように聞こえます。
いわば、何をやらせてもだめな人間というふうに聞こえてしまいます。

 

多くの人では、何か一つくらいは秀でている部分があります。
それは人生の重要な部分でなくてもいいのです。
たとえばゲームが得意だとか、あのアイドルのことなら何ても知ってるとか、マラソンだけは得意だとか、日本の3000メートル越えの山の名前を全部知ってるとか、何でもいいです。

 

別にその世界で1番である必要はありません。
ほかはすべてだめだけど、「マラソンだけは平均並み」でもいいです。平均でも立派なものです。

 

よくよく考えてみると、「すべてにおいてダメな人」というのはめったにいません。
それにもかかわらず、こういう言葉を使うとまるで「すべてにおいてだめな(能力の低い)人間」と聞こえてしまいます。

 

単なる言葉だと思ってあなどってはいけません。
こういった認識は、あまり真に受けると本人のやる気に重大な悪影響があります。

 

それは他人に言われた場合でも、自分でそう思う場合にも、当てはまります。

 

 

どこがだめなのかはっきりさせる

こういう思い込みがある場合、さらに詳しくさせるための質問することで、悪い思い込みをある程度治せます。
つまり「具体的にどこがだめなのか?」と質問します。そしてそのだめな点をはっきりさせます。
だめな点をはっきりさせることは、逆にいうと「それ以外はだめではない」という意味です。そこをはっきりさせましょう。

 

具体的にどこがだめなのかをはっきりさせるとき、「勉強が苦手」ではなく、より具体的に、苦手な科目などもはっきりさせておきましょう。
すべての科目が苦手ならそれはそれでいいのです。肝心なことは「自分はすべてのことが苦手ではない」という認識を持つことです。

 

苦手部分を明らかにすると同時に、別に得意ことも明らかにします。
スポーツでも雑学でも、何でもいいです。
こういう質問に答えることで、自分の中にある無力感というのも少しずつ解消され、やる気も出てきます。

 

関連ページ

6章のまとめ
勉強する価値を知ることはやる気を起こさせるうえで最も重要です。また自分は勉強できないという思い込みがあれば、小さな目標を立てて確実にこなすことで自信がつきます。
無価値への対処
試験勉強のような苦痛なことをしている場合、その結果どう得するのかはっきりしていなければやる気が出ません。まずそれを知りましょう。
無価値への対処:価値観は根深い問題
勉強する価値がないと思っていると勉強しないために能力自体も上がりません。まず勉強する本当の必要性を調べましょう。
絶望・無力への対処
勉強ができそうにもないという思い込みはやる気を失わせます。この問題は多くは生理的状態や気分に影響されているものです。
絶望・無力への対処:本当にできないのかできないと思い込んでいるのか
絶望・無力感をなくすいい方法の一つは、確実に達成可能な目標を作って確実に達成することです。
絶望・無力への対処:自分の能力に従ってできるできないの思い込みができあがる
本当はそこそこ成績がいいのに優秀な人と比べて自分が頭が悪いと思い込むことがあります。いろんな人と比べてみて冷静に自分の程度を知るのも思い込みをなくす一つの手です。
再刷り込み(再インプリンティング)で過去の傷を修復する
どんな学習でも最初の体験は印象が強く、その後の思い込みに強く影響を与えます。過去の体験を記憶の中で修正してやる気を引き起こすやり方があります。
行動レベルに関する問題
無価値、無力、絶望の問題というのは比較的少ない問題と思われます。単純に勉強がしんどいとか遊びたいだけとか、そういう理由のほうが多いでしょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会