「もし〜ならば」と問いかけてみる

時間軸・未来(if)

  • (問題行動に対し)もしこのままなら〜・もしこれをやめれば〜
  • (解決すべき行動に対し)もしこれをやったら〜、もしこれをやらなければ〜

 

と自分に質問してみます。
これは勉強するときに、動機をつけるものとしてかなり重要になってきます。

 

「勉強すべき時にゲームばかりしてしまう」という悩みに対し、「もしそのまま続けているとどうなりますか?」と質問すれば、「大学受験に失敗してあとで困るでしょう」と返ってくるでしょう。
「そしてどうなりますか?」とさらに質問すれば、就職に失敗するとか、公務員試験を受けようにもやはり同様に勉強する習慣がなくて失敗するとか、そんな答えが返ってくるかもしれません。

 

逆に「もしゲームをやめて勉強したらどうなりますか?」と質問すれば、受験に成功してその後の就職やさまざまな試験でもうまくいく、という答えが返ってきそうです。

 

問題行動をやり続けた場合、あるいはそれをやめた場合、具体的にどのような未来が予想されるかというのは、重要な問題です。
もし自分に危機感がないと思ったら、こういう質問を自分自身に問いかけてみることで、改めて危機感がわくことで勉強するようになることが期待できます。

 

 

どんどん先のことを考えていく

こういう問いかけは、どんどん詳しくしていくことが大事です。
単に「いい大学に受からないから」だけでなく、その後どうなるか、わからなければ自分でどんどん調べていきましょう。

 

大学に行けないからいい会社に入れない?するとその後どうなるのかまでは教師や親もあまり教えてはくれません。
給料が低いとどうなるのか?解雇されやすいとどうなるのか?貧困に落ちるとどうなるのか?

 

ただ自分に質問して答えるだけでなく、さらにその後は?その後は?と、どんどん先のことまで質問し、わからないなら自分で調べていきます。
誰か大人に質問したり、インターネットで調べたりします。
最近は何でもインターネットで検索でき、昔に比べるとはるかにいろいろな情報を得やすくなりました。文明の利点は大いに活用しましょう。今ならスマートフォンさえあれば何でも検索できます。

 

あなたが自分の未来のことをどんどん先回りして調べることで、なぜ勉強しなければならないかがますますわかってきます。
なぜ勉強したほうがいいのか理解できればできるほど、あなたはもっと勉強するようになるでしょう。自分自身により危機感を持たせ、勉強させます。

 

親が歳を取って退職したらどうなるか?親が介護が必要になったらどうか?さらに自分が歳を取ったら・・・と、できればそれくらい先まで考えていきたいところですが、このあたりまで先のことになるとちょっと想像つきにくいかもしれません。

 

また社会人の方でも、まだ若いうちは親の介護など考えないまま適当に暮らしていきがちです。
何事も先回りして準備しておいたほうが、いざその時のダメージが少なく済みます。ちゃんと準備しておきましょう。

 

 

非現実的な将来を想像しないことが重要

重要なところですが

 

非現実的な夢を持っている間は、なぜ勉強が必要なのかは理解できません。

 

勉強が必要な理由は、現実がそうだからです。
日本の社会が現実にこのようになっている、ということをちゃんと知っていれば、おのずと勉強が必要なことが分かってきます。
大人が勉強しろとうるさいのは、現実世界を間違うことなく知っているからです。
学生の間に勉強に必要性が分からないのは、現実の社会の仕組みを誤って認識しているからです。間違った思い込みがあるので、なぜ勉強が必要なのかわかりません。
なぜ必要というより、勉強をしたほうが有利になるということがわかりません。

 

宝くじを引き当てる前提のような、非現実的な将来を描いている間は現実というものが見えていませんから、したがってなぜ勉強が必要なのかわからないのです。

 

アイドルになりたいとか作家になりたいとか、現実に起こりうる可能性がほとんどない将来を描いていると、実際に将来その時になると、実に意外な事態が待ち受けており、予想もしないようなことをやらされる羽目になります。

 

勉強の必要性は、社会の仕組みをよく調べればわかることです。わからなければこのサイトで社会の仕組みを勉強していってください。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

8章のまとめ
この章では問題を具体化し、詳しく分析・認識することで問題の具体的な解決を探る方法を学んでいきます。
問題を認識する
勉強の習慣を身に着けるために、勉強できない自分の悩みを取り上げる必要があります。しかし問題の根源は勉強と一見関係なさそうな場合もあります。
一見無関係そうな問題の根源を処理する
悩みを解決するためにはその原因を探る必要がありますが、それは意外な原因であることもあります。自分のストレスの原因がなんなのか説明してみましょう。
問題を詳細に探る
問題が分からなければまず目標を立てて勉強してみます。うまくいかなければこれを分析し、問題行動がなんなのか探っていきましょう。
5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって)
自分の悩みに対して、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって?と質問してみましょう。問題がはっきりすることで具体的な解決策が見えてきます。
具体化
5W1Hのほかにも、言葉の内容を具体化することで問題の解決がわかったり、不適切な思い込みを治すことができる場合があります。
「過去に一度でもできたことはないか?」と問いかけてみる
過去に問題を解決できたことがあれば、その時のことをを詳しく思い出して再現することで問題解決ができます。
他人に説明するときに役立つ「たとえ」
誰かの協力やアドバイスを得るとき、自分の感覚が理解されにくい時にたとえを使って説明すると分かってもらいやすくなります。
思い込みをなくすための「比較・判断・読心術」
ネガティブな思い込みで勉強する気が出ない場合「何と比べて」「誰がそういうのか」「なぜそれがわかるのか」と質問することで誤った思い込みを減らせます。
意識と無意識を理解する
大半の習慣は無意識で行われるため、それを変えようとした場合、問題が起こる瞬間に意識できるようになる必要があります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会