計画には立て方がある

小学校の夏休みは計画能力をつけるための最初の試練

小学校では夏休みに入ると、たいてい宿題を出されます。
この夏休みの宿題というのは1日で終わるようなものではなく、夏休み全体を通して勉強すれば、何とか終わるくらいに設定されていることが多いです。

 

普通の宿題というのは、その日やれば終わりです。先生が宿題を出し、家でやって次の日に提出します。
そして宿題をやらないと次の日に怒られるので、何とかやり遂げようとします。

 

この「次の日に怒られる」というのは、実は重要なのです。怒られる危機感で、みんなちゃんと勉強してきます。
しかもそれは翌日です。すぐ明日に怒られるので、家に帰ってすぐにやらざるを得ません。

 

ところが夏休みの宿題だと、提出は夏休みが始まってから1か月以上も後のことです。その日やらなくても、すぐに怒られたりはしません。
怒られないのでその日は手を抜いて何もせずに終わります。そして次の日もやはり同じで、怒られないのでやはり何もせずに終わります。そして次の日も・・・とずっと何もしない状態が続くことがあります。

 

これが夏休みの宿題がスムーズに終わらない理由です。その日やらなくても次の日に怒られないので、手を抜き続けるのです。
そのため通常の宿題をやるときには必要でなかった「計画を立てる」という能力が求められるのです。しかも1か月というのはなかなかに長い計画です。

 

そして残念なことに、普段の小学校ではこのような長期にわたる勉強計画の立て方をしっかり教えたりはしません。
少しだけ教えることもあります。ただそれもカレンダーのようなものを渡して、「この日までにどこまで終わらせる」とかを記入するだけです。
やらなくてもすぐにやってくるような罰則がないし、計画が途中で狂ってもその後の計画を修正したりはしません。

 

さらに夏休みの宿題は普段やらないような内容が多いです。自由研究、読書感想文、お絵かきなど、普段宿題としてはやったことのないものばかりです。
終わらせるのにどれくらい時間がかかるか予想がつきません。そんな状態で計画を立てろというほうが無理な話です。

 

こんな計画の立て方では、早々に計画を守れずに挫折、計画表はすぐに意味がなくなるでしょう。

 

 

計画を立てるのは大人でも難しい

一人で計画を立てる機会というのは、学生時代のみならず、大人になってもあまりありません。

 

仕事をすれば長期計画を立てる機会はたくさんありますが、仕事はたくさんの人たちと一緒に動いているので、計画が狂うと上司や取引先に大変に怒られます。
「計画が狂うとすぐに怒られる」という、いわば小学校の平日の宿題と同じ状況なので、みんな必死になってやります。
まったく一人だけで、しかもやらなくても特に怒られたりはしない、たとえば資格試験の勉強計画などは、大人でもやはり難しいのです。

 

人生の中でも極めて重要な能力であるにもかかわらず、しっかり専門的な教育をしないのはどうかと思いますが、教えられる人がいないのかもしれません。
何しろ立派な大人、社会人でも、計画を立てて狙い通り実行して成果を出すというのは、難しいことなのです。

 

それを小学生が一人で計画し、やり遂げるというのはまず不可能というものです。
したがって現実的には、小学生の夏休みの宿題は、親が管理する必要が出てくるというわけです。

 

ただ小学校の夏休みの宿題というのは、普通はそんなに無茶な量ではありません。
その気になれば1週間、よほど必死でやれば3〜4日程度で終わるようにできているので、無計画に夏休みを過ごしても、最後の数日で何とかなってしまいます。
感想文や自由研究など、その気になれば手を抜いてもとりあえず「やった」ことになる課題が多いので、無計画にやってもそれなりに何とかなるようにできています。

 

これにより、親が特に管理などしなくても、夏休み終わり直前で子供が必死になって宿題をやり、何とかぎりぎり終わるというようなことも多いです。

 

しかし受験や資格試験というのは、夏休みの宿題のようにはいきません。
こちらは本当にしっかり計画を立ててやらないと、どうにもなりません。直前に頑張ってもいい成果を出すのは不可能です。

 

 

計画を立てるときのコツ

さて小学校の宿題の例を出して説明しましたが、計画を予定通り終わらせるためのコツがいくつかすでに出てきています。

 

たとえば「その日やらないとすぐに怒られる」ことです。
受験や資格の勉強するときも、別に誰かに怒られる必要はないのですが、計画を達成できなかった時に「すぐに」評価されることが重要です。

 

また次の日に「計画は成功した」か「計画は失敗した」かはっきりしないといけません。1か月後に「この計画はだめだったから訂正しよう」では遅すぎるのです。

 

そして評価された後、すぐさま計画を変更しなければなりません。計画は成功する前提でその後もずっとたてられているので、失敗したらその後の変更が必要です。
こういうのは面倒ですが、この手間を惜しんで漫然とやっていても、計画通りにいかずにそのうち計画表も見なくなってしまうでしょう。

 

計画というのはまず、すぐに結果が出て、すぐに訂正できるようにしておくことが非常に重要です。

 

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会