理論上確保できる時間

理論上の自由時間

勉強時間を確保するといっていますが、まず勉強するための空白の時間、つまり自分の自由時間がどれくらい使えるのかわからなければ目標の立てようがありません。

 

それでまず、現在の時点で自分の自由になる時間を出してみましょう。
人によっては、この自由時間が意外と少ないということもあり得ます。

 

家に帰る時間が遅い人、早く寝なければならない人、家事をしなければならないとか、人によってはいろいろ条件が違います。
夕食を食べるのが遅い人もいますし、歯磨きに時間がかかる人もいます。

 

 

健康を損なわないように

最初、もしかすると自由でない時間をなんとか短縮して自由時間を増やそうとするかもしれません。
たとえば食べるのが遅い人は、食事の時に速く食べればその分空き時間をたくさん確保できるので、勉強時間を増やせると考えるかもしれません。

 

でもそういうことはしないほうがいいです。食事、入浴、歯磨きなどは生活の中の重要な部分です。
こういったものを無理して時間を短くしたりすると、体調を崩すかもしれません。

 

特に睡眠時間を削るということを考える人がよくいるのですが、これは絶対にやらないようにしてください。
いつもより睡眠時間を減らせば、今までにも増して翌日に疲れてしまい、勉強どころではなくなります。

 

勉強というのが、ただでさえ「疲れてやる気が起きない」ということがよく起こるのに、睡眠を削ってさらに疲れるようにすれば、ますますやる気が出なくなってしまいます。

 

まずは現在の生活の条件を無理に変えようとせず、そのまま今の自由時間を出してみましょう。
その時間内で、どれくらい勉強するかという目標時間を決めていきます。

 

 

今勉強している時間を出してみる

その自由時間のうち、今勉強するのに使っている時間を出してみましょう。
つまり現在時点での、1日の勉強時間を出してみます。
これがわからないと、明日どれくらいの時間、勉強に耐えられそうか見当がつきません。

 

これがわかっているようで意外とわかっていなかったりします。
日々無計画に過ごしていると、現在の自分の勉強時間を計ったりはしないもので、意外と長時間やっているかもしれないし、思ったより勉強していないかもしれません。

 

ちゃんと数字で時間を出しましょう。
たとえば「自由時間3時間のうち、30分ほど勉強に使っている」というふうにです。

 

これはちゃんと正直に書くようにしましょう。見栄を張って長く勉強しているように見せてはいけません。
勉強の時間を今よりも増やすのが目的なので、ここで嘘をついても意味がありません。

 

勉強時間が0分だったら正直にそのように書きます。
そして明日の勉強時間の目標は、まずは1日10分としましょう。
そうやって時間をかけて、少しずつ増やせばいいのです。

 

 

目標の勉強時間を決める

現在の勉強時間を出したら、明日勉強する時間を決めましょう。

 

間違っても自由時間をすべて勉強時間にする、というようなことはしないでください。
1日の自由時間が3時間だとしたら、ついつい「3時間勉強するぞ!」という計画を立ててしまいがちですが、たいていうまくいきません。

 

私はまず、明日は今日よりも10分程度勉強時間を増やせばいいと思います。
ですが、人によって許容範囲が違うかもしれません。

 

自分に無理がかからない程度に、増やします。
もしかすると、人によっては今日よりも1時間増やせるかもしれません。
また別の人では、いつもより5分増やすだけでもしんどいかもしれません。

 

いずれにしても、時間をかけて少しずつ勉強時間を増やすのがコツです。
肝心なことは、「できるだけストレスなく、少しずつ変化させ、慣れていく」です。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会