次の日にやること

結果は次の日に出るようにする

先のページでは、1日単位で目標を立てるように説明しました。
だから目標を達成できたかどうかは、その日の終わりにわかります。寝る前にでもわかるでしょう。

 

注意してほしいことですが、1日で成功か失敗かの結果が出るように目標を立ててください。
成功か失敗か、つまり計画通りに勉強できたか出来なかったかが、1か月先になってようやくわかる、というようではいけません。遅すぎます。

 

長期的な計画は、まずは超短期、1日の計画を無事達成できるようになってからでも遅くはありません。
まずは1日単位の計画です。

 

 

計画に失敗したら?

明日の勉強時間を設定し、学校の課題でも自分で選んだ問題集でも、目標を設定してみてやってみたとします。
しかし全然計画通りにいかなかったらどうでしょうか?

 

たとえば目標の時間勉強しなかった。今日より10分増やそうとしたが、実際はまったく勉強していなかったかもしれません。
決めたとおりの時間、勉強したけれども、問題を解くのに時間がかかって目標の問題が終わらなかったかもしれません。
問題を1日5問やろうとしたけど、2問くらいで嫌になって、残りの時間は漫画やゲームに興じて寝る時間になってしまったのかもしれません。

 

 

うまくいかなかった原因を探る

もし計画通りにいかなかったら、目標を設定し直します。つまり明日1日の計画を立てます。
ただしそのとき、なぜうまくいかなかったのか、どうしたらうまくいくのか、考える必要があります。

 

たまたまその日、何かいつもと違うことがあって目標を達成できなかったのかもしれません。たまたまうまくいかなかったのなら、目標はそのままでもその次の日にうまくいく可能性が高いです。
たとえば今日はたまたま学校の部活が夜遅くまであったとか、仕事で残業が出たとかで、家での勉強時間が取れなかったのかもしれません。
それは本当に偶然時間が取れなかったのだから、明日はうまくいきそうです。

 

しかし2,3日続けて目標が達成できなかったら、それは「偶然達成できなかった」というものではないでしょう。何か原因があります。
それは何か悪い癖、たとえば漫画やゲームに夢中になってしまうとかかもしれませんし、ただ疲れているだけとか、単に勉強が嫌いだから耐えられない、というものかもしれません。

 

このような問題は偶然達成できなかったものではないので、原因を探って解決する必要があります。

 

このとき目標を下げる、つまり計画を変更し、より少ない課題・時間にする手もあるのですが、あまり安易に目標レベルを下げてしまうと、ちっとも学力がつかないまま試験や受験が終わってしまうかもしれません。

 

計画の立て方が悪いのかもしれませんが、それ以外の原因があるかもしれないので、それらの解決方法については後の章で説明することにしましょう。さまざまな方法を用意してあります。

 

 

目標の立て方が悪い場合

計画の立て方が悪い場合は、ほかの部分がどんなに問題なくても、目標は達成できません。
計画の立て方は今まで何度も言いましたが、念のためもう一度確認しておきましょう。

 

「明日」「何時間何分かけて」「具体的に何をするか(問題集を何問するとかテキストを何ページ読むとか)」

 

を「数字で」設定します。
たとえば

 

「明日、9時から9時半まで30分かけて、この数学の問題集を第12問目から第16問目までやる」

 

というふうにです。
ここまで詳しく数字で計画したのにうまくいかない場合、別の原因を疑いましょう。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会