小さな目標を何度も成功させることで自信がつく

その日の目標を確実に達成して自信をつける

小さい子供が、親にちょっとした用事を言いつけられることがあります。
たとえば3歳くらいの子供が母親に「あの机の上にある消しゴムを取ってきて」といわれて、消しゴムを取ってきます。
そして母親が子どもを褒めると、子供はすごくうれしくなります。

 

こんなちょっとしたことですが、子供はそれでやる気が出て、自信がつきます。
大人でも似たようなもので、どんな小さな計画でも、そのとおりに実行すれば自信がつき、「次も同じように成功するだろう」と思えます。

 

こういった体験が全くないと、なかなかやる気が持続しません。
ありがちなのが、長大な目標を立ててしまうときです。たとえば「この1か月で問題集をこれだけ進める」とだけ計画してしまうと、1か月たつまで計画がうまくいったかどうかわかりません。
しかもこれだけだと「今日すべきこと、今すぐすべきこと」がよくわからないし、数字でノルマが出ていないのでやる気が出ないのです。

 

1か月後に計画が成功すればそれでいいのですが、うまくいかないとがっくりと落ち込んでしまいます。
長期計画だけ立てるのは、達成が難しいうえにやる気もあまり出ず、悪いことばかりなのです。

 

日単位の計画を立て、まずはそれを確実に実行しましょう。自信がつくと同時に、自分の勉強スピードもわかるようになります。

 

そして先にも述べましたが、人間「できない」と思い込んでいると、行動する気が起きません。
できないという思い込みを治すための一番いい方法は、できるようになることです。小さな目標を立てて達成することが一番自信をつけるいい方法です。

 

勉強だけでなく仕事をするときも、特にリスクの高い仕事では、小さいテストを繰り返し、結果を見ながら何度も修正し、確実に成功パターンへたどり着けるようにします。

 

 

結果が早くわかることの重要さ

この「結果が早くわかる」ことが大事です。
なぜなら、もしかするとそのやり方は間違っているかもしれないからです。

 

このサイトをどんなに読み込んで実践したとしても、すべてがうまくいっているとは限りません。
自分に合わないやり方をしていたり、どこか見逃しや誤解があってうまく進んでいないかもしれません。

 

最初から一つの失敗もなく進んでいくほうが珍しいことなのです。たいていどこかで失敗しているものです。

 

結果がすぐにわかるなら、その問題部分もすぐに修正できます。
1か月たたないと結果がわからないというなら、やり方に問題があっても1か月たたないと間違いかどうかわからず、1か月間も間違ったやり方で無駄にしてしまいます。

 

毎日試し、その日を結果を見て、問題を毎日修正してください。それの繰り返してそのうち正しいやり方、自分に合った計画の立て方にたどり着きます。

 

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会