情報を集める

試験に合格するまでの情報を集めることが必要

資格試験では特に、合格するためにやることが決まっていたりします。
たとえば宅地建物取引士の試験では、テキストを一通り読んだ後、市販の問題集を3周、つまり問題集を3回繰り返せばだいたい受かるといわれています。
そこにかかる時間もだいたい決まっており、試験に1発で受かることを前提にすれば、およそ300〜400時間程度の勉強時間が必要だといわれています。

 

もちろん理解の速さや適性などもあるので、すべての人がこのように行くわけではないのですが、およその指標にはなります。

 

こういった情報は重要で、必ず事前に集めておきましょう。
情報集めもせずにただやみくもに問題を解いていたのでは受かりにくいし、また「(数字で)これだけこなせばほぼ受かる」というような指標がないと、やはりやる気が出ません。数字で「これだけ」と出すことが、やる気を出すことにもつながります。

 

資格試験の場合、資格予備校に通っているとこうした情報は講師やアドバイザーの方から仕入れることができますが、予備校に行っていないなら自力で集めるしかありません。
そこは個人の裁量によるのですが、今はインターネットで情報を集められますし、仕事で取らなければならないなら、職場ですでに受かった人にアドバイスを求めることもできます。

 

 

高校・大学受験の場合

高校や大学受験の場合は少し事情が異なります。
これは別の章でお話ししたのですが、高校や大学受験には「一定基準の学力を満たせばOK(受かるか落ちるか出る)」という性質ではありません。
実際のところ、受験前に今までの模擬試験の成績を見て、学校の先生や予備校のアドバイザーから「この高校・大学を受けなさい」と指示が出ます。実質、それに従うだけです。

 

一定の成績を持って受かるか落ちるが決まる資格試験とは違い、単に自分の学力に比例したところに入るだけ、というのが高校・大学受験の性質です。
行きたい大学をはっきりさせ、そこに入るためにはどれくらい問題集をこなせばいいかを出し、逆算して計画を立てる・・・という流れでもいいのですが、現実はその通りにいかないことが多いです。
なぜかというと、受験直前にその志望大学に入れそうになければより低い偏差値の大学に切り替え、あまりに余裕で受かりそうならさらに偏差値の高い大学を狙ってしまうからです。今までの勉強の蓄積が、志望大学にぴったり合うくらいの学力になっていることのほうが珍しいです。

 

実際、できる限り学力をつけてみて、それで進学可能な一番レベルの高い学校へ行く、ということになります。

 

しかしまったく目標地点があいまいなままだと、やる気が出ないかもしれません。

 

また高校や大学受験でも、明確に目標先を決めたほうがいいことがあります。
特にあまり遠くの地域に進学できないような事情がある場合や、入れる学校が少なくて一つ一つにあまりに差がある場合などです。

 

たとえば高校受験で、地元にはA高校とB高校があるが、A高校は卒業生のほとんどが大学進学なのに、B高校はほとんど就職する、というような場合です。
この場合、自分が大学進学しようとしている場合、B高校に入ると非常に不利な展開になります。おそらくA高校よりも授業のレベルは低いことは間違いなく、周囲の生徒たちもあまり勉強熱心ではないでしょう。
なんとしてもA高校に入りたいが、このままぼーっとしていてはB高校にしか行けそうにない、というような場合です。

 

大学受験でも似たようなことが起こりえます。
大学へ行くのもかなりの資金が必要なので、お金の都合で遠くの大学には行けず、地元の大学しか選択肢がないことはよくあります。
それで地元の大学を調べた場合、国立のA大学は非常に優秀で、国立のために授業料も非常に低い。一方で私立のB大学はA大学に比べてはるかに優秀ではなく、しかも私立なのでお金がかかる・・・というような場合ですと、なんとしてもA大学に行きたいところです。

 

もし目標とすべき高校や大学があれば、そこをゴールとしておきましょう。
そしてやはり、こなすべきテキストや問題集を明らかにして、逆算して毎日やるべきノルマを決めていきます。
どれくらいやればいいのかは、やはり学校の先生や予備校のアドバイザーに聞いたり、また自力でできるだけ情報を集めたほうがいいでしょう。模擬試験の結果を見ながら、志望高校・大学に行けるだけの学力と現在の学寮の差を埋めるように長期計画し、逆算で毎日すべき勉強量を出していきます。

 

はっきりした目標がある場合、この過程は必ず必要になりますので、抜かりなく情報を集めておいてください。

 

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会